PROF. KATO Hirofumi

​加藤 博文(考古学担当教授)

ようこそ、私のホームページへ。

現在、北海道大学アイヌ・先住民研究センターで    先住民考古学や先住民考古遺産を研究しています。

2019年からは、大学院文学研究院にアイヌ・先住民学

講座(修士・博士課程)が開設されました。

先住民考古学を学ぶ仲間を歓迎します。

Welcome to My Home Page.

I'm a professor of archaeology in Centre for Ainu & Indigenous studies, Hokkaido University, Japan.

Also, we have Master & Doctor course in the field of Indigenous Archaeologies and Indigenous Heritage Study.

At this moment, I am conducting several international joint research projects on Indigenous archaeology, Prehistoric archaeology, and Indigenous archaeological heritage.

Lectures of Archaeology
in Hokkaidothe
in Gotland campus of Uppsala University, Sweden
JSPS研究拠点形成事業セミナー:  
ゴットランド、スウェーデン
24-28.May 2019

UPCOMING EVENTS

​LATEST EVENTS

The Japan Association for Siberian Studies,    
4th Annual meeting
in Doshisha Woman's Collage 
日本シベリア学会
第6回研究大会 2021年2月23日
On-line by zoom
http://www.siberian-studies.jp/
RJE3 Program: Siberian Study 2021
in Vladivostok
​November 2021
RJE3大学院海外講義
シベリア学実習2021
極東連邦大学
2021年11月(予定)
​詳細は学務部国際交流課
RJE3セントラルオフィスへ
JSPS Core2Core Seminar
in Uppsala University, Sweden
"Indigenous Repatriation and Heritage issues"
JSPS研究拠点形成事業セミナー:
ウプサラ大学、スウェーデン
「先住民返還と文化遺産問題」
2019年5月21日実施
海外共同講義
短期留学SP(英国)
オックスフォード大学
2021年3月のコースは、
COVID-19の影響で中止となりました。
New Global Station Program
"Indigenous Studies and Cultural Diveristy"
at Hokkaido University
will be launched in April 2021.
北海道大学の新しいグローバルステーションプログラム
「先住民と文化的多様性」研究が​2021年4月からスタートします。

MY LATEST RESEARCH

International Research Networks for Indigenous Studies and Cultural Diveristy Project (Project IRIS) undertaken by a team of scientists from Hokkaido University's Center for Ainu & Indigenous Studies and other institutions was adopted by the Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) as 2018 Core-to-Core Program (Advanced Research Networks) for five years. The project is intended to support the establishment of a cross-disciplinary research center that will elucidate the history of relations between people and the environment in northern regions and foster the development of young researchers. 

北海道大学アイヌ・先住民研究センター先住民考古学研究室では、礼文島での国際考古学フィールドスクールを2011年から実施しています。

毎年、20名を超える海外からの学生・院生を中心に考古学、古環境学、生物学、分子遺伝学、同位体科学など様々な領域の研究者たちが集い、縄文文化からアイヌ文化へつながる北海道の歴史変遷の復元に取り組んでいます。

また日本学術振興会研究拠点事業(先端拠点型)として採択された「文化的多様性の形成過程の解明を目指した国際先住民研究拠点の構築」事業(PROJECT IRIS)を英国、オランダ、スウェーデン、ロシア、オーストラリア、台湾、カナダの7カ国の研究機関と連携し、領域横断型の研究拠点と若手研究者の育成を行っていきます。